タイ料理

暁の寺を真正面に「Sala Rattanakosin」

outdoor

ワット・アルンが正面に見える

 

王宮やワット・ポーの西隣りを走るマハラート通り。ここ数年で、通りの周辺に川沿いのカフェやレストラン、ショッピングモールが次々とオープンしている。今日は、その中でも目玉的立地である暁の寺ことワット・アルンの真正面にあるブティック・ホテル併設のダイニングに行ってみた。

干物市場となっているター・ティアン船着場の隣りの路地、昔ながらの卸問屋が並ぶ中に突如として真っ白な壁の瀟洒なホテルが出現する。館内は黒を基調にしたシックな内装だが、ところどころに古い木材や剥き出しのレンガを使ってアクセントにしている。なかなか面白い。

レストランは2フロアあり、1階はカジュアルなカフェバー風の室内席と、ワット・アルンがよく見えるテラス席。2階はゆったり座れるテーブル席になっていて、その時の用途や気分で選べるのがうれしい。

料理は在住8年以上のイギリス人シェフによるモダンタイ料理。食材と味にはこだわるが、盛り付けにこだわりすぎない、シンプルな料理を目指しているとか。

 

sala01

牛頬肉のカレー

 

1品目は「牛頬肉のカレー」。4時間以上煮込んだオーストラリア産牛の頬肉を使ったぜいたくなカレーで、マイルドな辛さと甘さが特徴だ。口に入れるとほろほろと崩れる牛頬肉がたまらない。

 

sala03

クラトン・トーン・ラープ・ムー

 

「クラトン・トーン・ラープ・ムー」はイサーン料理のラープをライスペーパーの器に盛った一品。強い酸味が食欲を誘う。

それにしても、対岸のワット・アルンは絶景だった。ぜひ夕暮れ時を狙って来たい。

 

Sala Rattanakosin

時間:7時~10時、11時~16時半、17時半~23時 無休
場所:39 Maharaj Rd.
電話:0-2622-1388(ディナーは要予約)
Web:http://salaresorts.com/rattanakosin
料金:牛頬肉のカレー550B、クラトン・トーン・ラープ・ムー240B、カノムジーン・ナムプリック260B

SalaQRcode

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_2879 気軽に高級ホテルの味 「カーオ」
  2. Eathai cafe クラシカルなタイに浸る「イータイ・カフェ」
  3. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイジャップ・ カームー (豚足…
  4. ルアンペット タイスキ 地元民が足繁く通う、老舗タイスキレストラン「Ruen Petch…
  5. 【 5/6(金)タイスキの名店へ!「チム×アロ会」第2弾のメンバ…
  6. 【チム×アロ会・第4弾メンバー募集】ミシュラン一ツ星レストラン「…

オススメ記事

  1. DACO読者が徹底調査!日立の掃除機でタイでの掃除がラクになる?【前編】
  2. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。
  3. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  4. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  5. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント

PAGE TOP