ダコスタッフ日記

プロの目から見る、日本とタイの税制・会計の違いとは!? ProMissionの巻

logo

特にサービス業のクライアントが多いと言うProMission さん。
同業種の経営者でお悩みなら一度相談してみると良いだろう

 

日本の経営者にとって、この東南アジアの経済成長はとても魅力的に映るだろう。事実、私の知人の経営者も東南アジア進出に対してとても前のめりで検討しているほど。

しかし、実際のところ各国ごとに税制などの法律が違う以上、信頼できる専門家の意見は欠かせないだろう。今回はProMission 社代表であり、会計士の弘畠夕子先生に詳しいお話を伺うことができた。

 

日本の常識はタイの非常識?

弘畠夕子先生は、言わずもがな弊誌コラム「経理のツボ」でおなじみ。非常に柔らかい雰囲気で分かりやすくタイでのビジネスにおける会計・税務に関する注意点を教えてくださった。

「タイと日本の大きな違いは、毎月付加価値税(VAT)と源泉税の申告が必要で、申告が遅延すれば即罰金です。そしてタイの税法では、証憑(しょうひょう)書類は必ず原本が必要で、要件が非常に細かいです」

なるほど、弊社内でも月の売上と入金に関する管理は特に厳重に行われている。その理由はタイでのこのルールがかなり関係しているようだ。日本・アメリカ・タイと3カ国で会計士として活躍された弘畠先生。その中でも、タイの税制は性悪説を基本に定められているのだとか。

「日本の場合、たとえば領収書の束を会計士に渡せば問題なく処理してくれると考えるビジネスパーソンが少なくありませんが、その常識はまずタイでは通用しませんね。タイでは要求される証憑書類の数が多く、詳細な規定があり、証憑書類の量は日本の3倍以上だといっても過言ではありません」

よく日本では法人税の低さだけを見て、海外展開のメリットばかりが取り上げられるが、実務上の必要事項はよく吟味したいところだ。そして最後に弘畠先生から一言。「正しく申告することこそ、一番の節税ですよ!」

kosana_goro

 

ProMission 

場所:BTSサラデーン駅2番出口より徒歩1分
電話:0-2631-0103, 084-933-3159(日本語)
Web:www.promission.asia
E-mail:info@promission.asia


DACOへの広告ご掲載へのお問合せは 08-7685-3338
コサナーとはタイ語で広告のこと。ごろーはダコの営業マンである

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 素材の味を活かしたパン Guteの巻
  2. 37年の信頼と実績 日本堂ジュエリーの巻
  3. 世界各国をハンバーガーで旅しよう 「リバーサイドグリル」の巻
  4. 427Wagyukamada 日本産和牛、ここにあり! 和牛鎌田の巻
  5. うまい肉を、リーズナブルに、腹いっぱい!パッション・オレンジの巻…
  6. ボディ・バランシング・インソールで姿勢の悩みを解決! 「バンコク…

オススメ記事

  1. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  2. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  3. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  4. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  5. 〝手術なし〟でも改善できる「子供のO脚・X脚」

PAGE TOP