ちょっトリップ

《週末★トリップ》エアアジアで行く世界遺産の街【前編】ラオスの古都ルアンパバーンへ!

top2

 

文化的遺跡も多く、ユネスコ世界遺産に指定されるラオスの古都・ルアンパバーン。
去る3月、バンコク間とのエアアジア直行便が就航し、より身近になったこの街にさっそくジョシュアさんが行ってきてくれました。前編と後編、2号にわたってその魅力をお届けします!

 

Profile

【旅して書く係】ジョシュア/タイ生まれ、タイ育ち。目下タイ語を勉強中!

 

初フライトで非日常の旅を楽しむ

syuukou

2016年3月24日、エアアジアのバンコク-ルアンパバーン便が就航しました。記念すべき初フライトに乗って、世界遺産の街、ルアンパバーンに行ってきました。

初フライトは、スタッフの皆さんもちょっと浮き足立っているようで、そのワクワク感がこちらにも伝わってきます。フライト中には、ラオスのタイ大使の挨拶や写真撮影などもあり、機内はちょっとした記者会見場に。さらに、ルアンパバーンに到着すると、たくさんのラオスの人々がお出迎え、消防車が飛行機に放水をして、お祝いしてくれました。

 

数多くの寺院が残る街
ヨーロッパ文化もそこかしこ

suika

 

この日は、もやに包まれたしっとりとした曇り空。ラオスの古都であるルアンパバーンは、かつてのランサン王国の王都で、カーン川とメコン川に挟まれた小さな街にたくさんの寺院がひしめき合っています。フランス統治の名残もあり、ヨーロッパとアジアの文化が融合した古い建築や街並みが特徴です。1995年にはユネスコにより世界遺産に指定されました。

まず、訪れたのは空港からほど近いワット・ビスンナラート。通称スイカ寺と呼ばれる寺院です。寺院内の仏塔がスイカを半分に切ったような形をしていることからこう呼ばれることになったといいます。寺院内で、旅の幸運を祈るお経を読んでいただき、タムブンをしました。ラオスのお経はタイのそれよりちょっと長い……? 20分ほど絶え間なく続くお経で歓迎していただきました。

 

歴史ある建造物の中で
ラオスの王室料理をいただく

hotel

趣のあるレストラン

 

1日目の観光はのんびり。早くもディナーの時間です!メイン通りであるサッカリン通りにある「3ナガス ルアンパバーンMギャラリー バイ ソフィテル」へ。1903年、ラオスの伝統的な建築様式で建てられたマンションをレストランとホテルに改修したお店で、木の温もりが時代を感じさせてくれます。

gohan

マイルドな味わいのラオス料理

 

この日いただいたのはラオスの宮廷料理。素材はすべてルアンパバーンで採れたオーガニックの新鮮な野菜やハーブ、肉など。シグネチャーメニューでもある、メコン川で採れたのりと水牛のスパイス煮込みから始まり、カレーやバナナの葉に包まれたレモングラス風味のキノコの蒸し物、ラオス名物のカオニヤオなどを少しずついただきました。

タイ料理が辛味、酸味、甘味を感じさせる料理である一方、ラオス料理はその3つの味わいがマイルドに融合されて日本人の口にとても合うやさしい味わいでした。静かな街並みの中で、ラオスの涼しい風に吹かれながら食事をしていると、本当に時間を忘れてしまうようでした。

 

統治時代の名残が残るホテルは
静かでゆったりとした雰囲気

sofitel

プールを囲んでそれぞれの部屋があります

 

フライトが遅れたこともあり、この日はそのままホテル「ソフィテル ルアンパバーン」へ( 初フライトなのに遅れるって、なんともタイらしいですよね)。こちらは、かつてフランス政府関係者のマンションとして建てられ、その後ラオス政府の管理下に。世界遺産にも指定されています。

緑豊かなガーデンをぐるりと囲んだ長屋のような建物にそれぞれ部屋があり、ヨーロッパとアジアの文化の融合をコンセプトとしている室内には、モダンでアジアンな小物があしらわれています。

 

room

 

そして、宿泊したお部屋には、室内のバスタブのほかになんと露天バスタブも! 静かなガーデンで、虫の音を聞きながらお湯に浸かり、ゆったりとリラックスタイムを満喫できました。この日は、満月から1日過ぎた夜。空には赤く妖しげに月が光っていました。

 

huro

 

市内観光は、2日目以降。また次号でルアンパバーンの魅力を伝えていきます!

map

 

 

タイムスケジュール

14:20 ドンムアン空港発
16:30 ルアンパバーン空港着
(本当はもう少し遅れて17:00着でしたが、フライトはこの時間です)
18:00 ワット・ビスンナラート見学
19:00 「3ナガス ルアンパバーン Mギャラリー バイ ソフィテル」でディナー
21:00 「ソフィテル ルアンパバーン」にて

 

見どころ

ワット・ビスンナラート
場所:Visounlath Rd., Luang Prabang
時間:8時~17時
料金:2万kip

WatVisounnarath

 

食事処

3ナガス ルアンパバーン  Mギャラリー バイ ソフィテル
場所:Sakkaline Rd, Luang Prabang
電話:+856-071-253-888
時間:6時半~22時半 無休

3Nagas

 

宿泊

ソフィテル ルアンパバーン
場所:Ban Mano, Luang Prabang
電話:+856-071-260-777

sofitel

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 1 バンコク発ちょっトリップ 『ひきこもり滞在型リゾートでサムイの海…
  2. 「サンダウンクルーズ」【12回】
  3. バンコク発★ちょっトリップ『週末のリラックスタイム、 北パタヤが…
  4. 【ワンデートリップ特別案内編】 シーズン真っ盛り!タイのプロサッ…
  5. タクシーと船と自転車と。隣県でリフレッシュ! 渡し舟からスタート…
  6. 《週末★トリップ》 ペッチャブリー県 車を走らせて、自然と遊ぶ休…

オススメ記事

  1. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  2. タイ・バンコクの浄水器&水道水事情を徹底解明!あなたの肌に合う水は、「日本の●●」によって違う!?
  3. タイの強敵〝黒いホコリ〟に打ち勝てる? DACO読者が日立の掃除機を調査!【後編】
  4. The Residence_2ベッドルームの広いダイニング兼リビングスペース プロンポンで2BR・160㎡超の家族向け空間! ラグジュアリー・アパートメント「ザ・レジデンス」
  5. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】

PAGE TOP