青澤直子のよもやま話

寿司文化を世界に広めた 偉大なる功労食材 「アボカドサラダ」vol.016

431(yamamori)for-Banner

<アボカドサラダ> 2人分

アボカド 1個

ミニトマト 3個

豆腐 50g

エビ 3匹

海苔 お好みで

* ヤマモリのすししょうゆ 大さじ1

* オリーブオイル 大さじ1/2)

* マナオ汁 大さじ1/2

* ワサビ お好みで

 

【作り方】

(1) * の材料をすべて混ぜ合わせておきます。
(2) 豆腐は水切りをして、アボカドと同じくらいの大きさに、ミニトマトは、縦に4~8当分にカットします。
(3) エビを茹でておきます。
(4) アボカドを半分に切って種を取り、皮を剥いて1~2センチ角にカットします。
(5) アボカド、豆腐、トマトを軽く混ぜ、海苔を手でちぎってさっと混ぜて器に盛り付けます。
(6) エビを飾り、(1)をまわしかけます。

 

【よもやま話】

アボカドにわさび醤油でトロの味とよく言われますが、こうした食べ方は、アメリカに渡った寿司職人が考えたものでした。1970年頃に黒い海苔や生魚を好まないアメリカ人に食べてもらえるよう考案されたのがカリフォルニアロールです。1980年代にはアメリカで一般的なスタイルとなり、日本へも逆輸入されました。カリフォルニアロールのおかげで世界中の人が徐々に日本の寿司に慣れたことを考えると、アボカドの貢献度はとても高いといえます。

アボカドがトロのように感じるのは、脂肪分が多いからでしょう。カロリーは高めですが、オレイン酸やリノール酸など悪玉コレステロールを減らす効果があり、ビタミンやミネラルが豊富な健康食材です。タイでも輸入量が増えていますし、タイ産のアボカドも生産されていますので、今後、入手しやすくなることを期待しています。

おいしくきれいなアボカドをゲットできたら、とっておきのすししょうゆで大事に食べたいですね。タイらしくエビと合わせたり、アボカドだけで刺身として、または寿司や丼にしても楽しみたいです。

タイにいながらこだわりのしょうゆで料理を楽しむなんて、なんともぜいたくなことのようですが、それが気軽にできるのもヤマモリのおかげです。

(ヤマモリ提供)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》煮込んだトマト…
  2. 452(yamamori)for-Banner ソースをかければコロッケ風!? ポテサラ・サンドイッチ vol.…
  3. 430(yamamori)for-Banner-b 「サーモンのフライパン蒸し」 vol.015
  4. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》大小さまざまな…
  5. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》 白だしで簡単…
  6. ガパオ ハーブの王様を使った 屋台料理の大定番 ガパオごはん vol.…

オススメ記事

  1. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  2. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  3. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】
  4. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  5. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】

PAGE TOP