虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版】「運気を上げてくれた」 ルークテープ千体育てる女性 vol.035

luuktep

アウィンユーさんに幸運をもたらした最初のルークテープ

 

昨年から若い女性の間で流行している、幸運を招く人形「ルークテープ」。バンコク都内でも、ルークテープを抱きかかえる人を見かけることが増えたが、たった1人で千体以上のルークテープを育てている女性がいるという。

タリンチャン区に住むアウィンユー・チョークマイディーさん(21)が、ルークテープを知ったのは、昨年春のこと。当時失業中だったアウィンユーさんは、インターネットの動画サイトで見た女の子のルークテープにひとめぼれし、1体注文した。

届いた人形をわが子のようにかわいがり、どこへ行くにも連れて歩いた彼女に幸運が訪れたのは、その3日後だった。たまたま1枚だけ買った宝くじで、300万B(約960万円)が当選。翌日には新しい就職先も決まった。「この子が運気を上げてくれました」と、アウィンユーさん。

ルークテープのご利益を実感した彼女は、さらに幸運を呼び込もうと、当たった宝くじの賞金全額を投じ、千体のルークテープを新たに購入した。その後も、宝くじやプレゼントの当選が相次ぎ、彼女の元には多額の賞金が次々と舞い込んだ。これらの賞金もすべてルークテープの購入に充てた。総額は500万Bを越えた。

彼女が暮らすスタジオタイプのアパートには、人形が所狭しと積み重なる。全部で1503体あるという。取材中も、商品券5000Bが当選したという電話が入った。「これでまた1体迎えられますね」と、アウィンユーさんは笑顔で語る。

 


Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載。当「バンコク版」においても内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版】バナナ相場高騰 市民生活にも影響 vol.…
  2. 【虚構新聞バンコク版】魚のすり身に想いを乗せて……バレンタイン太…
  3. image 【虚構新聞バンコク版】水害防ぐ超強磁場発生装置を開発 vol.0…
  4. 【虚構新聞バンコク版】スウェーデンの空気、バンコクに到着 大気汚…
  5. DSC_2870 【虚構新聞バンコク版】酷暑影響 冷やしすぎ料理が人気 vol.…
  6. 【虚構新聞バンコク版】バンコクでカニ捕獲? 日本のマスコミ、また…

オススメ記事

  1. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  2. タイの強敵〝黒いホコリ〟に打ち勝てる? DACO読者が日立の掃除機を調査!【後編】
  3. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  4. グリーンライフ サービスアパート シラチャ 単身の赴任者に人気の「グリーンライフ サービスアパート シラチャ」。その理由を探る!
  5. teshima clinic-1 首や腰の痛みの原因「カチカチの筋肉」、柔らかくする奥のテ! バンコクで見つけました!

PAGE TOP