旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 バンコク急行

旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 ロケ地が醸成する、作品の空気【バンコク急行】第25回

香港での宿は昔から重慶大厦である。チョンキンマンションと読む。もう40年近く世話になっている。いまも……といいたいところだが、コロナ禍で香港に行くことが難しい。渡航制限が解ければ、やはり重慶大厦に泊まると思う。

重慶大厦の全盛期には、おそらく200軒を超えるゲストハウスがこのビルのなかにひしめいていた。九龍半島側の尖沙咀という一等地である。スムーズな香港旅は、このゲストハウスビルに支えられていた。

宿泊客の国籍はさまざまだった。欧米や日本、韓国……。途中からネパールやアフリカからの客も増えた。アフリカ組の多くは、年単位で借りていた。

治安はあまりよくなかった。不法滞在、ドラッグ……。僕も夜中に警察に起こされたことが何回かある。通報を受けた警察は、安宿の部屋を虱潰しチェックをしていた。

だからだろう。このビルを舞台にした映画が撮られた。『恋する惑星』である。中国語題は重慶森林、英題はChungking Express。日本でもヒットした。

有名な映画のロケ地をめぐるツアーというものがある。コロナ自粛で、かなりの映画を観た。久々に『ローマの休日』を観ると、やはりローマに行きたくなる。台湾の九份を訪ねると、『千と千尋の神隠し』を思い出す。

しかしそれは、観光客として訪ねる立場の話だ。ロケ地に泊まっている身になると、立場は逆転し、ときに見世物に近づいていってしまう。

『恋する惑星』がヒットしていた頃がそうだった。重慶大厦に泊まっていた僕は、近くの茶賓廰で安い麵でも啜ろうと、サンダル履きでエレベーターで1階に降りる。正面出口から彌敦道に向うと、視線を感じるのだ。

歩道には日本からやってきた若い女性は立っていて、こちらになめるような視線を送ってくる。子連れの女性もいて、僕を見ようする子供の体の向きを無理やり変える。「目を合わしちゃいけません」といいたげに。

いったい僕はなんなのだ、と思いたくもなる。ドラッグの密売人? ポケットには銃が入っている?

映画のロケ地は訪ねるところであって、そこに泊まってはいけない。

しかし『恋する惑星』はいい映画だった。上海に生まれ、香港に移った監督のウォン・カーウァイは、香港生まれのトニー・レオン、北京に生まれて当時は香港にいたフェイ・ウォン、台湾生まれの金城武らを重慶大厦に配置し、香港を描いた。あの頃の香港でなくてはできなかった映画だと思う。

少しボリュームをあげ、映画のなかで流れたフェイ・ウォンの「夢中人」を聴く。香港の鎮魂歌にも思え、鼻の奥が熱くなる。

 

下川祐治
(しもかわ・ゆうじ)

アジアや沖縄を中心に著書多数。新刊は『世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア大陸横断2万キロ』(朝日文庫)、『台湾の秘湯迷走旅』(双葉文庫)。
   『下川裕治のアジアチャンネル』

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」〝隔離〟をいかに乗り切るか【…
  2. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 ロケ地が醸成する、作品の…
  3. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】タイ語は脱力…
  4. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」日本人とタイ人の優しさ【バン…
  5. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】 第4回 ア…
  6. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 ウイルスが進化をもたらす?…

オススメ記事

  1. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  2. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  3. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」
  4. The Residence_2ベッドルームの広いダイニング兼リビングスペース プロンポンで2BR・160㎡超の家族向け空間! ラグジュアリー・アパートメント「ザ・レジデンス」
  5. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?

PAGE TOP