洋食

中華の裏道でタパス 「El chiringuito」

El chiringuito01

 

「ソイ・ナナ」というと、スクムビットのネオンきらめく歓楽街が思い浮かぶが、最近は別の「ソイ・ナナ」がタイの若者や欧米人の注目を集めている。

 

もう一つのソイ・ナナがあるのは中華街。7月22日ロータリーの南側にある小さな裏路地だ。ここに、1年前からおしゃれなバーやギャラリーなどが次々とオープン、ちょっとしたサブカル系コミュニティができ上がった。今回訪れたのは、ブームのきっかけを作ったスペイン・バーだ。

 

オープンしてまだ1年だが、使い込まれた木の椅子やテーブル、店頭のショーケースには古い薬瓶が並び、ゆったりとした空気が流れている。店の前の路上にも席があって、トゥクトゥクや車がバンバン通る脇に座って飲めば旅情満点だろう。

 

ここはスペイン人のオーナーがタイ人の奥さんと開いたタパス・バー。料理は簡単なおつまみとスパゲティ、ピザ数種類しかないが、オーナー氏がスペインから運んできた生ハムやトリュフを使った本格派だ。しかも、100B台のものが多い。

 

El chiringuito_02

左)Tosta 右)Patata Bravas

 

「Tosta」はトーストにキノコとトリュフをのせたもの。カリッと焼けたトーストにクリームソースが良く合う。「Patata Bravas」はざく切りのポテトフライ。薄いコロモはサクサク、中はホクホクでビールとの相性は抜群! さらに自家製の2種類のソースが付くため、味の変化も楽しめる。
中華街で夕食後に一杯行きたい時に。

 

El chiringuito

時間:木~土 18時~24時、日曜 18時~23時  月~水休※
場所:221 Soi Nana, Rama 4 Rd.
電話:08-6340-4791
Web:www.facebook.com/elchiringuitobangkok
料金:Tosta(キノコとトリュフのせトースト)120B、Patata Bravas(ポテトフライ)120B、Pincho Tortilla(スペイン風オムレツ)90B、Croquetas(クリームコロッケ)120B

※取材時より営業時間が変更になりました。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【夕食】 深夜系の新夜景スポット「Above Eleven」
  2. オーストラリア産和牛ヒレ肉のステーキ 「55(Fifty Fiv…
  3. 【昼食】 モリモリ菜食「May Veggie Home」
  4. Jamie's Italian Stratfor タイ初上陸! 「ジェミーズ・イタリアン」
  5. 【夕食】バンコク随一のナポリピザ!「Peppina」
  6. アートスペースも併設!「Ekamian」

オススメ記事

  1. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  2. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック
  3. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  4. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  5. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入

PAGE TOP