ブンに訊け!

二重価格について vol.099

今号の読者からのご相談

観光旅行などに行き遺跡の拝観料や娯楽施設の入場料などはタイ人価格と外国人価格になっているところが多くあります。しかし、外国人でもタイの免許証やワークパーミットを提示するとタイ人と同じ価格になるところとならないところがあります。

 

免許証やワークパーミットの適用基準というものはあるのでしょうか。役所が管理している遺跡でも適用できるところと拒否されるところがあります。ワークパーミットを持っているということはタイに税金を払っているのでタイ人と同じ扱いでもよいと思いますがどうなっているのでしょうか。
ちなみにワット・プラケオは適用できるのでしょうか。(T.N)

 

ブンからの回答

国と私設で二重価格

バンコクの遺跡と名所、娯楽施設に連絡して聞いてみました。
結論から申し上げますと、王室や国、地方の自治体が管理しているところは、タイ人価格と外国人価格にはっきりと分けられており、いわゆる二重価格になっています。ワークパーミットを見せようが原則として外国人料金が適用されます。

 

私設なら所により

かたや私設であれば、外国人価格が提示されていてもタイ人と同じ料金になる場合があります。
たとえば

①労働許可証やタイの免許証を提示。

②提示しなくともタイで働いて税金を払っていることを主張する。

ただし②の場合は、施設ごとの受付の係の判断ひとつに委ねられているところもあります。ですので一般的な適用基準はありません。

 

タイ人に間違われると

ワット・プラケオは王室が管理しておりますので外国人は外国人料金が適用されます。でもタイ人に間違えられたら? さあ、タイ人は無料です。

 

ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 美容のプロに顔も心もググっと上げてもらいましょう! ベルエッセン…
  2. 東屋 つゆしゃぶ しゃぶしゃぶの進化を見た! 東屋の巻
  3. 欧州車をお探しのあなたに E-autoの巻
  4. 多重債務者を救え vol.063
  5. 新車購入でトラブル続き-前編 vol.049
  6. 銀行口座は本帰国前に解約?【ブンに訊け!】 vol.208

オススメ記事

  1. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  2. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  3. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート
  4. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  5. teshima clinic-1 首や腰の痛みの原因「カチカチの筋肉」、柔らかくする奥のテ! バンコクで見つけました!

PAGE TOP