バンコクの街角

日本で日清のトムヤムクンヌードルが人気なので、ムーマナオヌードルを食べて応援してみた。

日本の日清が4月14日に売りだしたトムヤムクンヌードル。予想を遥かに超える売れ行きで、品薄のため一時販売停止になってしまったなんてニュースが今週はタイ好きの間で話題になっていた。中にはタイの日清のトムヤムクンヌードルと食べ比べてレポートする猛者も。

 

個人的には、「最初は少数生産して、わざと売り切れさせて話題にさせる戦術じゃ?」と勘ぐったりもしているのだけれど、売れていることは確からしい。

 

そんな人気のトムヤムクンヌードルだが、タイの日清でも、先々月あたりに新たな仲間が登場したことをご存じだろうか? その仲間とは「ムーマナオ」味。ムーマナオは直訳すると「豚肉+ライム」のこと。軽くゆがいた豚肉をライムとニンニク、各種ハーブで和えた料理だ。酸っぱさと辛さ、豚肉の味わいがビールに合う一品だ。

 

 

こちらがそのムーマナオ味のカップヌードル。このパッケージを最初に見かけた時、その青さから、「おっ、ついにシーフードヌードルが登場か!?」と色めき立ってしまった(タイやフィリピンでは日本のシーフードヌードルが人気らしい)が、よく見てみて少しがっかりした。が、せっかくの新味なので、気を取り直して購入。

 

 

上から見るとだいぶムーマナオだ。「おいしさは麺に、味の濃さはスープに」というキャッチコピーが書いてある。

 

 

蓋をあけると調味油とフォークが。調味油はおそらくライム汁だと思われる。

 

 

お湯を注いで3分、出来上がりはこんな感じ。麺とネギしか見えない、ちょっとさみしい見た目だ。

 

さっそくフォークを使って食べてみる。

 

……うっ、普通にうまい! 麺にスープの酸味と辛味がよく絡んで、食欲を刺激する!

タイ人向けの辛さなので一気に舌がしびれて汗が出てくる! 辛いもの好きな人にはおすすめできる味だ。

というか、この酸味と辛味、トムヤムクン味とほとんど変わらない気がする……。これならトムヤムクン味でもいいのでは? 食べているうちに新味の意味がよく分からなくなる一食だった。(F)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. main ご近所グルメ、シャレオツ本格イサーン料理「チュー・チュムペー」 …
  2. 佐賀県で撮影されたタイ・ドラマが登場! 放映されるのは……「LI…
  3. タイ国きってのITモール、パンティップ・プラザが絶賛改装中。
  4. タクシー飛ばして行く価値あり! ラムカムヘンのベトナム料理店「『…
  5. ダコ7月20日号の「ちゃいまっか」はいつもとちょっと違うよ。
  6. DSC_7312 暮らしに華やかさを! バンコクの老舗画廊「アコ画廊」が超プロモー…

オススメ記事

  1. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  2. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  3. 通勤時間0分!快適な住まいとコワーキングスペース&サービスオフィスが融合した「LiveWorkAsia」
  4. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」(現・Relieve Clinic)
  5. タイにいながら日本のイイものお取り寄せ! 手数料たった300円であらゆる通販サイトを購入代行してくれる「ゼンマーケット」

最新のTHB-JPY

PAGE TOP