バンコクの街角

日本で日清のトムヤムクンヌードルが人気なので、ムーマナオヌードルを食べて応援してみた。

日本の日清が4月14日に売りだしたトムヤムクンヌードル。予想を遥かに超える売れ行きで、品薄のため一時販売停止になってしまったなんてニュースが今週はタイ好きの間で話題になっていた。中にはタイの日清のトムヤムクンヌードルと食べ比べてレポートする猛者も。

 

個人的には、「最初は少数生産して、わざと売り切れさせて話題にさせる戦術じゃ?」と勘ぐったりもしているのだけれど、売れていることは確からしい。

 

そんな人気のトムヤムクンヌードルだが、タイの日清でも、先々月あたりに新たな仲間が登場したことをご存じだろうか? その仲間とは「ムーマナオ」味。ムーマナオは直訳すると「豚肉+ライム」のこと。軽くゆがいた豚肉をライムとニンニク、各種ハーブで和えた料理だ。酸っぱさと辛さ、豚肉の味わいがビールに合う一品だ。

 

 

こちらがそのムーマナオ味のカップヌードル。このパッケージを最初に見かけた時、その青さから、「おっ、ついにシーフードヌードルが登場か!?」と色めき立ってしまった(タイやフィリピンでは日本のシーフードヌードルが人気らしい)が、よく見てみて少しがっかりした。が、せっかくの新味なので、気を取り直して購入。

 

 

上から見るとだいぶムーマナオだ。「おいしさは麺に、味の濃さはスープに」というキャッチコピーが書いてある。

 

 

蓋をあけると調味油とフォークが。調味油はおそらくライム汁だと思われる。

 

 

お湯を注いで3分、出来上がりはこんな感じ。麺とネギしか見えない、ちょっとさみしい見た目だ。

 

さっそくフォークを使って食べてみる。

 

……うっ、普通にうまい! 麺にスープの酸味と辛味がよく絡んで、食欲を刺激する!

タイ人向けの辛さなので一気に舌がしびれて汗が出てくる! 辛いもの好きな人にはおすすめできる味だ。

というか、この酸味と辛味、トムヤムクン味とほとんど変わらない気がする……。これならトムヤムクン味でもいいのでは? 食べているうちに新味の意味がよく分からなくなる一食だった。(F)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. main バンコク郊外「タウン・イン・タウン」に高級ドリアン(?)店現る!…
  2. s-P_20160126_161211 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第17回 ばさらかラーメン
  3. 塩麹を使ったマヨネーズとケチャップ作り? チェンマイの「スタジオ…
  4. ArubangFront ついに出荷開始! 『歩くバンコク2016-2017』、今年も7割…
  5. P_20161110_203457 まぜそばのコスパ最強 七星 【ダコ営業ケンタのお昼ごはん第26回…
  6. クラブ活動第6弾~PATTAYA編~

オススメ記事

  1. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  2. スタイリッシュかつ多機能! 大人の男のための贅沢カバン【TUMI TAHOE FINCH バックパックコレクション】
  3. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  4. TUMI(トゥミ)SEMI-ANNUAL SALE 30%オフ実施中!
  5. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」

PAGE TOP