人気連載

【虚構新聞バンコク版】TRY! JAPAN広報大使に日本人疑惑のナパさん任命 vol.009

タイ人ももらって嬉しい景品の「一番」Tシャツ

 

日本政府観光庁は3日、タイからの訪日旅行誘致を目的とした「TRY! JAPANキャンペーン」を来年4月からスタートすると発表した。

この日バンコク都内で開かれた記者会見には、TRY! JAPAN広報大使に任命されたタイの人気お笑いトリオ「ジュピター」のナパ・キャットワンチャイさんも出席した。

 

「TRY! JAPANキャンペーン」は、今年7月、日本の外務省がタイ人観光客への短期滞在ビザを免除したことを受け、観光庁主導で訪日需要喚起を狙ったもの。

 

バンコク都内にある観光庁認定の日本料理店に「TRY! JAPAN」認定証を配布するほか、認定店が配布する「お」「も」「て」「な」「し」の5枚のシールを揃えると、外国人観光客の6割が買って帰るという「一番」Tシャツがもれなくもらえるキャンペーンもおこなう。

 

キャンペーンの広報大使には人気コメディアンのナパさんを起用。

ムクダハーン県出身のナパさんは、あまりにもタイ人離れしたその見た目から「タイ語のうまい日本人」と言われるなど、しばしば冗談気味に「日本人疑惑」がささやかれてきた。この日、紋付き袴で会見場に現れたナパさんは「両国の橋渡し役は私を置いてほかにないと思う」と、自信のほどを見せた。

 

時を同じくして、タイ国政府も11月、日本でのタイ料理普及を掲げるキャンペーンとして、人気お笑いトリオ「ネプチューン」の名倉潤さんを広報大使として任命していることから、会場では「この2人がもつれ合って石段から転がり落ちればいいのに」という声も聞かれた。

 

Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載。当「バンコク版」においても内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版第72報】 バンコク都で「水とりぞうさん」仕…
  2. daco-kyoko650x340 【虚構新聞バンコク版】有料身長計事業に日本企業参入 勝算は vo…
  3. 従業員の浮気相手の妻が怪我 vol.104
  4. 都会的なバンコクライフを送りたい方へ センターポイントホテル・ …
  5. 【虚構新聞バンコク版第79報】 新型肺炎影響、異例の「無人ソンク…
  6. ラビットカードのポイント vol.105

オススメ記事

  1. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  2. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  3. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  4. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  5. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻

PAGE TOP