バンコクいきいき研究所

セスナで飛行体験「BSC Flying Club」

シラチャーのサハパット工業団地内にあるBSC フライングクラブに到着したのは9時。ここでは遊覧飛行のほか、規定の飛行訓練を重ねると日本で切り替えることのできるパイロットのライセンスを取得することができる。

まずは遊覧飛行体験用のセスナ206(操縦士含め6人乗り)に空軍上がりのインストラクター、パームさんと取材スタッフ5人が乗りこんだ。機内は広くはないが、自分が座った2列目は足を伸ばせるほどゆったりしている。

シートベルトを着用しドアを閉めてロックするとパームさんがエンジンを始動させた。機体は急に命を吹き込まれたように一度「ブルン」と唸ってから小刻みに 震え続けた。いくつかの計器類を後ろから覗き込むと、それぞれが自我を主張するように反応している。パームさんは、滑走路の定位置に機体を止め、翼の制御 具合を再確認した。ブレーキをかけながらエンジン出力を上げ、狂ったような轟音を撒き散らしタコメーターに異常がないことを確認した。

今度は、2人乗りのセスナ152で、操縦体験だ。
パームさんは私をキャプテンの席に着かせた。上空では実際に操縦桿を動かしていいとい う。旋回するとき機体を滑らさない。操縦はゆっくりと。この操作だけに集中した。パームさんの絶妙な補助で自分が上手に機体をコントロールしている錯 覚に陥る。ふと、腿や肩に意識を向けると緊張で固くなっていたので力を抜く。かつて体に馴染ませ飛行感覚を思い出しながら、飛行場へと進路を戻した。

飛行場が見えてきた。高度1000フィート(305m)。パームさんは管制官と交信を始めた。着陸のための最後のアプローチに入った。舵を取ろうとすると、パームさんの持つ操縦桿による反発がくる。上手なパイロットはこう操縦するのだろうとイメージがわく。プロペラが余力で風を切る。コトンと着陸すると、さっきまで206に一緒に乗っていた取材スタッフや数人の日本人が手を振るのが見えた。

日本では「100時間+年齢」時間を飛ばないと軽飛行機のライセンスは取れないと言われる。ライセンスを取得しようと思うなら、生活費も考えるとタイに留 学するというのも一考に価する。もちろん駐在の期間中に取得するというのも手だ。BSC フライングクラブはサハ財閥グループ経営の飛行場内にあり、整備も行き届いている様子。もしパイロットに憧れたことがあるなら、軽い気持ちでクラブのエア マンたちに会いに行ってみてはどうだろうか。ビーチから軽飛行機を見上げるのではなく、一度、空から見下ろしてみては?

BSC Flying Club
場所  Saha Group Industrial Park, 304 M1 Bueng, Sriracha, Chonburi(シラチャーのサハパット工業団地内、ゲート6から入るとすぐ目の前)
営業  8時~17時 月休
電話  0-3848-2448 要予約 タイ語・英語対応
HP   www.sravia.co.th
E-mail  booking@sravia.co.th

遊覧飛行:4人乗り(乗客3人)「セスナ172」8000B、6人乗り(乗客5人)「セスナ206」1万2000B(いずれも1機1時間の料金)※カウン トされる時間はエンジンがかかっている時間のみ。たとえばフアヒンへ飛んで(片道30分)も現地(地上)で遊んでいる時間はカウントされない。

ス クール:2人乗り「セスナ152」でのフライト訓練:土日のみ 30分2500B、1時間5000B(インストラクター、ガソリン料金込み)※免許取得に は最低40時間の飛行時間が義務づけられている/プラス1500Bで、4人乗り「セスナ172」が使え、友人知人を同乗させて訓練できる。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 疲れの程度や症状に即した的確マッサージ 「Spaココらく」
  2. 女性専用ゴルフサロン Sally
  3. DSC_3081 日本人のための総合クリニック「セントラル・グリーン・ジャパニーズ…
  4. ダーマロジカのフェイシャルケア「アスタースプリング」
  5. Kashikiri 49 Soda Onsen and Spa カシキリ・バランシング・バス コース 「カシキリ49ソーダ・オン…
  6. 二重まぶた施術 「エーリサ・クリニック」

オススメ記事

  1. 選りどりみどりで困っちゃうー!? 超豪華だけどリーズナブルなフリーフロー・イタリアン・ランチ@メディーニ【The Continent Bangkok】
  2. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  3. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  4. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  5. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!

PAGE TOP