バンコクの街角

バンコクの花火事情

長屋を抜けると、そこは打ち上げ花火屋だった。

 

とあるお寺近くのほっそい裏道(幅1.2mほど)を歩いていたら、

道の最後に個人商店の花火屋にぶつかった。

 

 

線香花火なんかを思い浮かべて、「花火かぁ~」なんて、

ちょっと目を輝かせて寄ってみたが、すぐにビビッた。

 

すべてがプロ仕様に見える。

これって船から打ち上げるようなサイズじゃないの?!

 

 

床においてある四角いのは石油缶より若干大きめ。

 

 

この黒い筒は、高さ60cm、直径18cmほど。

 

 

あのテラコッタ色の球形のものは、大きいやつでバレーボールほどある。

 

 

「ここにある花火、個人で買ってもいいんですか?私が買ってもいいんですか?」

おそるおそる聞くと、想像していた通りの答え。

「いいですよ! だいたい1個400Bです。まとめて買えば値引きしますよ」って。

日本では「煙火打ち上げ従事者」、つまり花火師が持つ資格がないと買えないサイズなのでは?

「火薬類取締法」の範疇に入りそうな花火ばっかり。

ひやーっ。こんなに簡単に天に舞う花火を、ド素人の私が買えるんだ……。

 

タイ人の友人にネットで花火に関する法律をザッとだけれど、調べてもらった。

「売る人には免許が必要ね。買う人には免許は要らないわ。

だたし、事故を起こしたら責任を取らないといけないの」。

ひょっとしたら、詳しい情報を拾いそびれているかもしれない。でも……

 

それだけ?

 

前々から思っていたけれど、ますます確信した。

 

 

タイは「自己責任の国」です。(K)

 

みなさん、間違っても四尺玉など買わないように!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【#バンコクの街角】活気を取り戻したタイ人の生活圏。チャオプラヤ…
  2. バンコクエアウェイズのラウンジ
  3. 2016-05-20_112652666_EB93D_iOS 【ごろーの清邁酒場漫遊記】本当は教えたくなかったB&B…
  4. ご当地ビタミン飲料 タプティム味?
  5. プラカノンと言えば「うま食堂」!? トラブルあるも5号店オープン…
  6. スワンナプーム空港でリエントリーパーミットを取得してみた

オススメ記事

  1. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  2. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  3. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート
  4. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  5. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?

PAGE TOP