バンコクの街角

バンコクの花火事情

長屋を抜けると、そこは打ち上げ花火屋だった。

 

とあるお寺近くのほっそい裏道(幅1.2mほど)を歩いていたら、

道の最後に個人商店の花火屋にぶつかった。

 

 

線香花火なんかを思い浮かべて、「花火かぁ~」なんて、

ちょっと目を輝かせて寄ってみたが、すぐにビビッた。

 

すべてがプロ仕様に見える。

これって船から打ち上げるようなサイズじゃないの?!

 

 

床においてある四角いのは石油缶より若干大きめ。

 

 

この黒い筒は、高さ60cm、直径18cmほど。

 

 

あのテラコッタ色の球形のものは、大きいやつでバレーボールほどある。

 

 

「ここにある花火、個人で買ってもいいんですか?私が買ってもいいんですか?」

おそるおそる聞くと、想像していた通りの答え。

「いいですよ! だいたい1個400Bです。まとめて買えば値引きしますよ」って。

日本では「煙火打ち上げ従事者」、つまり花火師が持つ資格がないと買えないサイズなのでは?

「火薬類取締法」の範疇に入りそうな花火ばっかり。

ひやーっ。こんなに簡単に天に舞う花火を、ド素人の私が買えるんだ……。

 

タイ人の友人にネットで花火に関する法律をザッとだけれど、調べてもらった。

「売る人には免許が必要ね。買う人には免許は要らないわ。

だたし、事故を起こしたら責任を取らないといけないの」。

ひょっとしたら、詳しい情報を拾いそびれているかもしれない。でも……

 

それだけ?

 

前々から思っていたけれど、ますます確信した。

 

 

タイは「自己責任の国」です。(K)

 

みなさん、間違っても四尺玉など買わないように!

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 10年前シリーズその2。
  2. ファイル_001 (1) 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】やっぱりビールとラーメンは鉄板だね!の…
  3. singa1 おもひでぽろろろ〜ん。 16年ぶりにシンガポールへ行きました。 …
  4. s-IMG_0531 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第11回 麺屋武蔵無骨
  5. ファイル 2015-12-24 18 24 15 ガパオを訪ねて三千里。バンコクから車で3時間のペッチャブリー県で…
  6. タイのコンビニでドライ系フルーツを大人買いしてみた。

オススメ記事

  1. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  2. SOLINGE 研ぎ器-1 包丁から爪切りまで!? 家庭に1つあると便利な研ぎ器 SOLINGE「マルチシャープナー」
  3. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  4. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  5. meditation breathing yoga Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻

PAGE TOP