バンコクいきいき研究所

フェイシャルとマッサージ 「アウェイ・スパ」

 

去年12月にオープンしたばかりのWホテルに入っているスパに行ってきました。

Wといえば、ウェスティンやシェラトンをもつスターウッドグループの高級でおしゃれなブランド。

いまだ夢心地の報告者です。

 

報告者 Yuki Akashi  (現実に戻れない歴3週間)

 

心身ともに上げてくれるエスパ

 

「 Wのスパよ~っ!」と、心は「ひょえ〜」となりながらも冷静を装っていざ6階のAway Spaへ。

入ってびっくり。癒しの空間というよりおしゃれなカフェ。かっこいい!  

ファンキーな音楽とモダンなデザイン。この活気の中で、カウンセラーと一緒に取り組むことで、ゲスト自身の意思で内面からの再生を目指してもらうそうです。なるほど〜。

 

こだわりの使用製品はUKブランドの「ESPA」。最高品質の植物エキスを原料とし、化学物質は一切使わず。

「アンチエイジングや保湿効果はもちろん、即効性に優れているので施術後すぐ効果が現れ、継続すれば自己再生機能を促す」ときれいなスタッフに説明されていると、うっとりしすぎて今にも購入しそうでした。

 

施術前に2種類のオイルを手に垂らして、好きな匂いを選びます。

「Soothing(ゆっくりね)」と名付けられたオイルを選んだ人は、ストレスや高揚で緊張状態にあるので、気持ちを落ち着かせリラックス効果のあるマッサージを。「Resistance(がんばれ)」のオイルを選んだ人は、体力や免疫力が落ちているので、自己再生能力を高めるマッサージが必要とのことでした。

 

興奮状態の私が選んだのは「Soothing」オイル。体は嘘をつかないものです。

 

ベッドは繭型宇宙船

 

施術室でさらにびっくり。施術室ってたいてい薄暗くて、ヒーリング音楽やアロマオイルがあるけど、ここは違う! 

まるで宇宙船!? ベッドが、ぬぼ〜と紫色に光っている。

 

色もこだわりだそう。緑は心の平安、赤はエネルギーアップを。ムラサキは幸福感。そしてピンクはロマンチック感を促すそう。4色の中から選べます。

 

繭まゆをイメージしているベッドは、まるでSF世界にいるよう。

意識は宇宙に飛んでいって、繭の中で再生……って、いやぁ私、どうなっちゃうんだ?

 

昇天のタッチ! 

 

透明感ある肌色とツルツル感ちょうどいい温度の中で、ちょうどいい温かさのタオルに包まれ、いよいよ開始。

まつげのメイクを落とす工程だけで、あぁ昇天しそうでした。

 

なぜか朝露に輝くスズランが見えて、水滴を一滴一滴丁寧に拭いていくぅ。

と思ったら、いや、まつげのメイクを拭いているだけ。現実と非現実の世界がここですでに交錯。やばい。

 

次は気持ちいい温度のクリームをにゅるにゅると首もとから首筋、顔全体に塗られてマッサージ。

温かいセラピストの手とクリームが触れた瞬間、これまた意識は非現実の世界へ。

 

今度はスクラブ。ほのかに「あんず」の香りがする……。もう、どうしてこんなに気持ちがいいの? 

意識を保つのが精一杯! タオルで丁寧に顔を拭いてもらい、まるで1枚1枚皮を脱いでいくよう。

 

施術が終わった後の肌色はトーンが数段明るくなったけど、5日たった今でも肌のツルツル感は続いています!

 

溶けすぎでしょう!?

 

次はボディマッサージ。顔を入れる穴。いつも大きかったり、小さかったり気になりませんか? 今回の穴はスポッ! ちょうどいい。

 

目の前には不思議なデザインのライトが4つ。水桶も花もアロマオイルもなくて、ただただ、穴の下にある青と白の4つのライトをみていると、気分はふわぁ〜と宇宙の彼方へ。

 

今見ているのは星ですか? え? わたしが星ですか?

 

もう意識を保っているのが、本当に大変でした。

体の状態に合わせて、施術を変えているとのこと。だから、いつもいいところに手が届くんですね。

「そこ、そこ……」とツボを指で、手のひらで、肘で、揉みほぐしてくれました。あぁ、思い出してもよだれが出る。

 

マッサージの途中、「あれ、この音はなんだ?」と思ったら、「はぅ、自分のいびきじゃん!」と慌てて起きる。

あまりに恥ずかしくて、ひぃ〜と思っていたら、また「んごっ」。

脳みそも体も完全に解けきってしまったところで施術は終了。自分が何者なのかもわからず……というくらい完全に溶けていました。

 

さわやかな甘さのお茶をいただいて、なんとか現実に復帰。 

あえてゲストと同じ目線で話すことで、心からフレンドリーなサービスを心がけるWホテル。スパでも、そのモダンなコンセプトと斬新なアイデアの連続に度肝を抜かれました。

 

着実なセラピストの技術に骨抜きどころか、脳みそも溶かされてきました。

まさにスパのコンセプト「変換・再生」どおり、普段覆っているものがすべて溶けて、心も肌も新たな自分になった気がします。

また、「ひょえ〜」体験したいな。

 

 

ひとことまとめデータ

■スパの様子/紫に発色するベッドが浮かぶ薄暗い部屋はまるで近未来繭型宇宙船!

■スタッフの対応/さすがはW! 豊富な商品知識。フレンドリーで丁寧なサービス! そしてすっごい美人

■施術前の気持ち/ひょえ~と度肝を抜かれる連続で気分は最高潮の興奮状態に

■施術中の気持ち/少しずつ溶けていき、現実と非現実が交錯して、何が現実かわからない……

■施術後の気持ち/体も脳みそも溶けて、「ここはどこですか? 私はだれですか?」状態

 

Away Spa by W Hotel

場所 W Bangkok 6th fl., 106 Sathorn Nua Rd.

時間 10時~22時

電話 0-2344-4000

HP www.whotelsbangkok.com

料金 今回の施術:アウェイマッサージ・メタモルフォシス1時間2900B、

    アウェイフェイシャル1 時間4900B(税サ別)

    ※20%ディスカウント・プロモーション! 電話予約時に適用可。とうぶんの間実施

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. チェンライ米ぬか酵素風呂 米ぬか酵素風呂の達人講演会編 「がんは病気ではない」
  2. フェイシャルのスペシャル・トリートメント 「チャームゾーン・スキ…
  3. 女性専用ゴルフサロン Sally
  4. 独自の日本式マッサージ「細道の奥」
  5. main バンコクでも1年中スキーレッスンが受けられる! 屋内スキーレッス…
  6. 3月はアイオントー回数券がおトク。12回で4500B!

オススメ記事

  1. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)
  4. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  5. シェフの情熱とオーナーの愛によって生まれた、イタリア・トスカーナ地方の家庭料理を楽しめるトラットリア「BonAmici」

PAGE TOP