旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 バンコク急行

旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 東京にみる、タイ人の構図【バンコク急行】第22回

 

昨年の9月、東京の渋谷でひとつの集会が開かれた。タイのプラユット政権に反対するタイ人の集会だった。当時、タイでも学生らを中心にした反政府、そして王室改革を叫ぶ集会が頻繁に開かれていた。それに呼応する形で東京でも集会が開かれた。

ハチ公前の会場に行ってみた。中央に100人ほどが集まり、垂れ幕を手に声を挙げる。リーダー格の男性のタイ語がハンドマイクから響く。皆、中年だった。女性も多い。

そこを遠巻きにするタイ人を見ると、黒いTシャツに白いリボンをつけた学生が多かった。留学生だろうか。女子学生のリボンには「Dior」のロゴが見えた。バンコクの集会では学生が中心だった。タイに倣えば、学生が前面に出るところなのだろうが、日本では輪の中心に入れず、眺めるだけだった。

中央にいるタイ人中年組と遠巻きする若者たちは、プラユット政権打倒という同じ旗印を挙げていた。しかし年齢は20歳以上離れていた。育った時代の豊かさが違った。

中年組の多くは、タイ人の不法滞在が多かった頃に日本にやってきた。出稼ぎである。東北タイであるイサーンからやってきた人が多かった。

10年ほど前、タイを追われたタクシン元首相が日本にやってきたことがあった。都内のタンマガーイ寺を彼は訪れ、日本全国から彼を支持するタイ人が集まった。そろいの赤Tシャツ。胸にはこんな文字が躍っていた。

「日本赤シャツ隊」

当時、タイは揺れていた。タクシンを支持する赤シャツ派と反対する黄シャツ派がぶつかっていた。タクシンの支持基盤はイサーンである。日本にいるタイ人はイサーン出身者が多かったから、当然、赤いTシャツになびいていく。日本はタクシン派の重要な海外拠点になっていた。

しかし、日本のタクシン派の時計はそこで止まった。いや、針の進み方が遅いということか。

そのあたりは、タイに暮らす日本人が肌感覚としてわかっているはずだ。これだけ通信システムが発達し、日本の情報は逐一伝わってくるというのに、いまの日本に遅れをとっている感覚がつきまとう。5年もバンコクにいると、浦島太郎になってしまうような不安がある。

しかしタイ人は勝手な人が多い。だから反プラユットの集会の前面に出て行ってしまう。しかしバンコクでは、赤シャツ派より黒いシャツに白いリボンの学生たちなのである。彼らは赤シャツ派と黄シャツ派が衝突していた頃、まだ10歳にもなっていなかった。

タイ人中年組はその溝を埋められず、昔のような演説を舌に載せてしまう。年月はちょっと残酷だ。

下川祐治
(しもかわ・ゆうじ)

アジアや沖縄を中心に著書多数。新刊は『世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア大陸横断2万キロ』(朝日文庫)、『台湾の秘湯迷走旅』(双葉文庫)。
   『下川裕治のアジアチャンネル』

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」〝隔離〟をいかに乗り切るか【…
  2. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」 ウイルスが進化をもたらす?…
  3. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】物価観に見る…
  4. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】 第4回 ア…
  5. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】タイ人の精神…
  6. 旅行作家・下川裕治が見るタイの「今」【バンコク急行】 第5回 グ…

オススメ記事

  1. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  2. チェンライでオーガニックに暮らす第二の人生
  3. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  4. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)
  5. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入

PAGE TOP