ブンに訊け!

携帯電話代が急激に減る(後半)vol.070

今号の読者からのご相談

(編注:後半につき、前号の相談ごとの内容を抜粋します):携帯電話代が急激に減ることについて、私も有料ニュースの配信を無断で登録され着信の度に度数が減りました。AISの支店へ問い合わせると、間違えて自分で登録したのだろうと言われて解除されましたが、通話時以外にキーのロックをしていても登録されること2回。さすがに頭にきてコールセンターへ大変強力な苦情を入れましたら日本語オペレーターが無断登録を認めて口頭で謝罪され、「二度と登録しません」と言われました。

 

AIS本体、もしくは代理店の仕業でしょうか? AISへ取材されませんか?(怒れるウドン人)

 

前号でわかったこと

SMS(携帯電話やスマホ同士で短い文字メッセージを送受信できるサービス)で入ってきたバナー広告や「詳細を見る」を触っただけでHACK JAKING というシステムが作動し、「購入」扱いになるのです!

 

日本の総務省にあたるタイの組織( 通称: ゴー・ソー・チョー)は、「我々はこの問題をキャリアに申し入れたが、この仕組みはキャリアにとって(お金が入りすぎる)ので今のところやめられない、と答えた」ということ!……でした。これはネット上での最近の話です。身に覚えがないのに勝手に課金されて、そのクレームに対してキャリアは「とりあえず謝っておけ、うるさい利用者には返金しろ」という態度なのです。そうですよね、ウドン人さん。

 

だれが得をしているか

まずはお金の流れを調べてみます。某大手SMSの代理店に占いのコンテンツ提供業者を装って聞いてみました。まずキャリアが懐に入った利用料から50%をSMS代理店に払います。SMS代理店はコンテンツ提供業者と折半します。つまりキャリアが50%、SMS代理店とコンテンツ業者が25%ずつです。

 

しかしそれだけではありません。コンテンツ提供業者はサービスを開始する際にSMS一通あたり0.6B(編注:ブンが電話した代理店の場合)をSMS代理店に払い、かつ取り分を得るためには最低3000件の成約が必要。こういう条件をのまされるのです。

 

コンテンツ提供業者は3000件の「購入者」がなければ一銭のお金も入ってこないため、ついつい裏社会のHACK JAKINGに手を出してしまう。これが業界のお金の流れです。最近、テレビでも社会問題として取り上げられ、facebook上でも「我々は必要のないSMS広告はいらない」というキャンペーンが張られています。

 

悪徳SMSは今はない

話を戻します。SMS代理店は「最近は世間が騒がしいので、占いやギャンブルの課金サイトの受け付けはしていません。ほかの業者にあたっても同じです」と取り付く島もありません。前述のゴー・ソー・チョー(コールセンター:1200番)曰く、報告してくれれば闇のSMSを排除する、と言っています。

 

ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.thまで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. title-bun-inside 失業保険を遡って申請 vol.156
  2. bun-logo ブラックコーヒーになぜお茶 vol.132
  3. bun-logo タイの自動車保険の相場 vol.118
  4. bun-logo-L 日本人も失業保険を貰える? vol.127
  5. ムーバーンの管理費は正当? vol.059
  6. 物乞いとマフィア vol.183

オススメ記事

  1. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  2. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  3. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  4. タイ初!日本人オーナーのオーダーメイド店「MODENA」 ~ジャパンクオリティでも低価格な知る人ぞ知る店を実体験〜
  5. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』

PAGE TOP