バンコクいきいき研究所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トークセンとハーバル・コンプレス 「サバーイ・タイ・マッサージ」

DACO編集部 DACO編集部

もういいや、と街角マッサージにも通わなくなったのは、凝りや痛みは人生の付き物だと思うから。

そんなアキラメ女子が、万年コリコリの肩とボンヤリ頭を抱えて行ってきました。

 

 

五月病や忙しすぎる季節、体のサインは見逃さない

ダコ編集部は、毎年恒例で3月から6月にかけて、BTS・MRT周辺を中心としたガイドブック『歩くバンコク』の制作を行なっています。そしてなぜか毎年この時期、通常のダコ本誌制作以外のいろんな業務が重なるんです。全員がフル稼働になり、みんなパツンパツン。私はカチンコチンの体になります。

デスクワーク、ヘンな姿勢でのうたた寝、ストレス、昔から整骨院での矯正が必要だった細長い首など、いくつかの生活習慣と身体特徴によって万年凝り性なのですが、さらにプレッシャーや、なぜか投げ出したくなるような自棄な気持ちが訪れるこの季節は、私にとっての駆け込み寺的存在の治療院を求めて通います。ある年はエカマイの台湾足ツボへ、またある年はアーリーに住む有名施術師宅へ。

 

今年はシーロム界隈で見つけました。昨年の『歩くバンコク』でも紹介されていたサバーイ・タイ・マッサージです。北タイのランナースタイルの施術が特にいい、との噂を聞きつけて行ってみたのですが、結果から言うと、私には運命のマッサージ店でした。取材の4日後には客として、同じメニューを再度受けていました。

治療院のようなこだわり

 

店はBTSサラデーン駅の3番出口からすぐのところにあり、まさに歓楽街のど真ん中。店構えも旅行者を誘う大衆的な情緒たっぷりです。店は4階建てで70人ほどが施術を受けられます。

『歩くバンコク』に書いてあったおすすめメニューは、聖なる木と言われるタマリンドの木で作られた槌でツボや筋に打ち込む「トークセン」と、タイ北部の薬草エキスをたっぷり含ませた熱いハーブボールを筋肉や炎症部分に当てる「ハーバル・コンプレス」。いずれもランナースタイルです。これにタイ古式マッサージを加えての3時間コースと相成りました。なぜ初回の街角マッサージでここまで長い内容にしたかと言うと、体の状態を説明した時にチェンマイで勉強した施術師のボウさんが「マッサージで体の様子を診ましょう」と言ってくれたから。まるで診療を受けるような気分になりました。

 

ちなみにこの店で、トークセンの施術が出来るのは、30名いる施術師のうちボウさんを含め、特別に勉強した数名のみ。トークセンを受ける場合は予約したほうが確実です。

店構えと反比例するような(失礼ですが)本格的な癒しや疲労回復へのこだわりがうかがえ、なんだかワクワクしてきました。ポイント外さず、しっかり痛いコースはマッサージ→トークセン→ハーバル・コンプレスの順です。

 

 

まずはマッサージ。人によるとは思いますがボウさん、すごいです! 私のツボをまったく外しません。土踏まず、ふくらはぎ、足の付け根のリンパ、背骨の両脇、首と後頭部とをつなぐ筋……、すべてスコンとはまりました。それはびっくりするぐらい。

パンパンに張っていて指が入らないツボは押されると、痛みが走ります。ボウさんはいったん親指を離し、すぐにゆーっくりとじわ~っと押してきます。すると最初の激痛が鈍痛に変わり、30秒後ぐらいには痛みが和らぎ周辺は熱を帯びてきます。顕著だったのが、首の付け根と肩甲骨の下、尾てい骨、肘周辺。血液が流れ始めた感覚を覚えました。ちなみに指圧と揉みは、かなり強めで痛いです。

内臓にも響く木槌パワー

 

続いてトークセン。これによって私は初めての体の変化を感じました。以前、ホテルスパで体験したトークセンはポクポクと打たれるたびに、心地よい肩たたきを受けている気分でしたが、ここは違います。打ち込みが強めで骨まで響きます。1時間近くしっかり打ち、コリコリの尾てい骨周辺は少し痛いぐらい。ボウさんいわく、芯の凝りに効くのだそう。確かにコースが終わった後、内臓にイタ気持ちいい揉み返しのような感覚が残りました。

染み渡るハーバルエキス

最後にハーバル・コンプレスです。スパの取材などでも受けることが多いメニューですが、強めの指圧と木槌で刺激を受けた体にとって、ここのハーブボールの温熱が、どれだけ気持ちよく感じられたことか。今までで一番の極楽気分でした。

3時間にわたり、押されたり揉まれたり、打たれたりしましたが、長年の頑強なコリは和らぎはしても、一発で消え去ることはありません。でも私は、その後の利尿効果や睡眠の深さ、内臓が軽くなったのを体感し、通うことにしました。そして2回目もやっぱり痛くて、熱くて、血液がじわっと体内をめぐり始めたのでした。

 

 

■店の印象/パッと見は、繁華街の旅行者向け大衆マッサージ店

■店内の様子/地味で簡素だけれど、清潔感がある。清掃が行き届いていて好感が持てる

■スタッフの印象/第一印象はみんなマイペース

■施術前の気持ち/ありがちな街角マッサージ店じゃないのかなぁ

■施術中の気持ち/すごいな!

■施術後の気持ち/顧客になる!

 

Sabai Thai Massage

162 Silom Rd.

10時~翌1時

0-2632-7579(タイ語・英語対応)

今回の施術:タイ古式マッサージ+トークセン+ハーバル・コンプレス3時間1200B、タイ古式マッサージ+ハーバル・コンプレス2時間700B、タイ古式マッサージ1時間250B、フットマッサージ1時間250Bなど

 

2016年9月2日追記

※このお店で男性施術師によるセクハラ事案が発生しました。(詳細はコメント欄参照)

在住者の口コミもネットでの体験談でも評判がいいお店なのですが、施術によっては肌をさらすようなこともあります。

女性は念のため女性施術師を指名するよう心がけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



この記事を書いた人他のメンバーを見る>>

DACO編集部

タイ・バンコク発のフリーペーパー。旅行者から在住者まで楽しめるトラベル・グルメ・エンタメ情報等を毎日お届けしています。

DACO編集部
久保 巴 7月 5, 2013

こちら以外でも、タイ在住の方などがオススメしていたので行ってみました。タイ古式マッサージとトークセンとハーバルボールの3時間コースです。たまたま男性施術士しか空いてなかったらしく、まぁ良いかとokしたら、その施術士はオイルマッサージで胸は揉むわ全身タオルをかけること無くフルヌードの私を施術の名の元に触ってきました。脚も開かされ、かなりセクハラの極みで全く何のリラックス効果もありませんでした。もしかしたら、そういう施術だったのかもしれない、と、終了後に「このハーバルボールというのは、フルヌードの女性の胸や鼠蹊部まで、男性が揉みしだくんですか?」的な事を絞り出した英語で伝え抗議すると、店ぐるみで「金払いたくないから文句言ってきた」「男でもいいと言ったのはそっちだ」「オイルマッサージで胸は触らない」と他で施術中の女の施術士まで出てきて怒鳴られ、施術した男はやってないと言ってると言われました。英語もタイ語も話せない私ですが、絶対泣き寝入りしない!と思っていると、たまたまお客で来ていた日本人の方に助けて頂けて、その方が間に入り通訳をしてくれたのですが、最終的には勝手に警察でも何でも行けばいいと謝罪も無く追い出されました。施術料金は一銭も払わなかったですが、ネット各所で高評価で観光客もたくさん来るだろうサロンが、こんなに客を蔑ろにし、あまつさえ言葉の通じない外国人相手を舐め腐っているとは思ってもみませんでした。こちらのサイトは、日本からの観光客の閲覧者も多いのではないでしょうか?オススメしている3時間コースの、せめてハーバルボールに関しては、必ず女性は女性施術士にお願いした方がいいと一言付け加えていて欲しいです。そんなことは、普通ならば起こらない前提なんでしょうけれど。海外は、価値観が違うから、と、同じ日本人にまで告げられ、腸が煮えくり返る思いをしたので。今後このお店で同じような思いをする女性が増えない為にも配慮願いたいと思い、コメントを残させて頂きました。まぁ、店でブチ切れたので暫くはあのスタッフ含め店の男性スタッフも、そんな事はしないでしょうけれど。よろしくお願い致します。

ダコ編集部 7月 5, 2013

久保様

ご報告ありがとうございます。さっそく本文に注意書きを追記させていただきました。

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Can't read the image? click here to refresh