レベルUP体験隊!

日本水準&日本語通訳常駐クリニックで「健康診断」安心の健診をサクッと気軽に

利用している日本人も多いであろう、日本語対応のDYMインターナショナルクリニック。
先日、スクムビット通りソイ49のセントラルグリーンジャパニーズクリニックと合併し、婦人科診療・定期健康診断をスタート。日本水準の医療設備と、日本語通訳完備で安心して受診することができる。今回は健康診断に行ってきました!

体験隊員:編集マイ(女性)
30代も半ばに差し掛かり、健康状態が気になる……! 日々の〆切りに追われ、なかなかまとまった時間がとれないのが悩み。

通訳常駐!日本語サポートつきで安心の健康診断

「30代は身体の変化が大きいんだから」「健康診断は定期的に行ったほうがいい」「何かあってからじゃ遅いのよ」

タイ生活を楽しめるのも、しんどい原稿の〆切りを乗り越えられるのも、すべて健康あってこそ。もちろん頭ではわかっているのだが、なまじ体が元気でちゃんと動くがために、病院に足が向かずにいた。だって健康診断って時間をとられるし。

そんな折。DYMインターナショナルクリニックが、健康診断に定評のあるセントラルグリーンジャパニーズクリニックを吸収合併した(名前はセントラルグリーンジャパニーズクリニックのまま)。 聞けば、ワンフロアで診察するため待ち時間も少なく、とにかくスムーズに終わるらしい。それならば、と最近さらに重くなりつつある体をえいやっと奮わせ、クリニックの門をくぐった。

クリニックには2つの入り口がある。ひとつは一般外来用、そしてもうひとつが健康診断用だ。待合室もふたつ。なぜ分かれているかというと「具合が悪い人と健康な人が同じ場所で待機するのはおかしいから」だという。確かに! 病院で風邪をもらったら元も子もないもんな……。

問診票を記載。持病や服用している薬など書き込む。日本語でOK。

問診票を書いたら、診察着に着替え。きれいで明るい更衣室はまるでジムのよう。かわいいチェックのパジャマのような診察着も病院らしくなく、気分も暗くならない。これは細かいようで結構大事だと思う。

専用の服に着替え、身長・体重・血圧をチェック。ちょっと肥え気味

診察には日本語通訳の方が付き添ってくれる。常時2名いるとのこと。不安があってもすぐに聞けるので安心だ。

コンタクトありなしの視力検査のあと、採血。採血の結果は1週間後。

聴力検査のあと、心電図検査。少しだけ心拍が遅いようだが、問題ないレベル。

X線検査後、医師の問診。この日にわかる検査結果はここで説明してもらえる。

診察は視力、聴力、心電図、X線とサクサク進む。フロアがそんなに広くないことで、移動が少ない上に、スタッフも慣れているため、あっちが終わればこっちがすぐ始まり……という具合に効率よく進めてくれる。これはありがたい。この日は問診票を書いてから着替えて外に出るまで正味1時間半程度だった。これなら平日にサクっと来られる。

約3週間後。血液検査の結果をもらいに再訪。ここでも医師との面談あり!

今回私が受けたのは一番ライトな健康診断「プランA」。お値段も他病院と比べるとお手頃ではないだろうか。

こちらには婦人科の専門医もいるとのことなので、次は婦人科健診に来ようと思う。やっぱり年齢的にも心配だしね。

サミット先生

Central Green Japanese Clinic

場所:スクムビット通りソイ49、RQモール4階
時間:健康診断・内科8時〜18時、小児科9時~18時、婦人科8時〜15時
電話:0-2107-1039
Web:http://dymclinic.com
料金:健康診断7000B~、婦人科健診つき健康診断1万1500B~