レジャー・旅特集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

親子でエンジョイ! SIAM SERPENTARIUM  ヘビ学習センターで「ングゥ~ッド」な週末

DACO編集部 DACO編集部

IMG_4184_R

 

アジアで初めての現実的なマルチメディア表現を行うヘビ学習センターがバンコクにあるってご存知でしたか?
「SIAM SERPENTARIUM」では、ヘビの目線で冒険したり、スリリングなショーなどもあり、家族で一日楽しめちゃいます!

 

3つの角度からヘビを楽しむ

 

「ヘビが大好き!」という人はあまりいないですが、「怖いけど、興味ある」という人は結構いるのではないでしょうか? 
あなたの知らないヘビの世界が見られる場所が、実はバンコクにあるのです。

 

サイアム サーペンタリウムはアジアで初めての体験的なマルチメディア表現を行う「ヘビ学習センター」です。
この学習センターの中の3つのゾーンをめぐりながら、知識を深めていくことで、楽しく遊びながら学べます。
1つ目は「ヘビの目線でヘビを知る」こと、2つ目は「世界のいろんなヘビを観察する」こと、3つ目は「ヘビのショーを楽しむ」こと。

 

メリットは学校で勉強するような感じではなく、体験を通して学ぶことであり、様々な角度からヘビを知ることで普段はなかなか触れることのないヘビの世界。勉強ではなく、体験で学べるのがいいところ。雨の日も暑い日も快適に過ごせますし、これからの季節の週末のお出かけにおススメです!

 

ゾーン1:Immersive Snake Museum

 

ヘビ目線の世界を見たり、ヘビのお腹に入ったり!

 

卵から孵ったばかりのヘビの目線で外の世界を歩いてみよう。
どんな敵がいて、そのときどうやって動くのかがわかるはず。
また、大きなヘビの口に入って、体の中の冒険へ。
どうやって食べ物を消化しているの? など
ヘビにまつわるギモンを体験しながら楽しく学べます。

IMG_4008_R

ヘビの赤ちゃん目線で歩いてみる。牛の脚の下は大迫力!

 

 

IMG_4029_R

大きなヘビの口の中へ。ヘビの体の中がどうなっているのか見られるよ!

 

 

ゾーン2:Snake Planet

 

世界中から集まったヘビは70

 

世界各国から集まった様々なヘビが見られるエリア。
世界最大のアナコンダをはじめ、猛毒を持ったものや、
色や模様があざやかなものまで。
いろんなヘビを観察できるのはここだけです!

IMG_4080_R

 

 

ゾーン3:Naka Theatre

 

大迫力かつ優美なショー!

 

インド神話のナーガ(ヘビの神)とガルーダ(鳥の神)との戦いのストーリーを、タイの伝統的な踊りで表現。美しくしなやかな指先にうっとり。
ショー中には本物のヘビも登場し、そのスリリングなパフォーマンスには思わず「あっ!!」と声が出てしまいます!

IMG_3935_R

 

IMG_3981_R

 

 

SIAM SERPENTARIUM
サイアム サーペンタリウム

 

住所:969 Luang Phaeng Rd., Lat Krabang
バンコク-チョンブリー高速道路21番出口(オンヌットーラッドカバン道)
時間:9時~18時(最終入場16時半) 無休
電話:0-2326-5800
HP:www.siamserpentarium.com
料金:外国人大人550B、子供250B
※子供料金適用は身長90~135cm
※60歳以上のシニアと身長90cm以下のお子様は無料

 





  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事を書いた人他のメンバーを見る>>

DACO編集部

タイ・バンコク発のフリーペーパー。旅行者から在住者まで楽しめるトラベル・グルメ・エンタメ情報等を毎日お届けしています。

DACO編集部

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Can't read the image? click here to refresh