ビューティー

奇跡の水を求めてルルドの泉まで行ったことのある僕が、バンコクで水素水の浄水器を買わず小さな水素水製造器を買った顛末。

僕は、ものすごく水にこだわっているわけではないが、ちょっとだけ水にこだわっている、そんなタイプの人間だ。

フランスの奇跡の水が湧き出る「ルルドの泉」まで行ったことだってあるし、日本に帰ったら、実家近くにある和歌山の有田みかんの産地にある大谷温泉の水をポリタンクに買って必ず飲んでいる。

ルルドは、本当に素晴らしかったし、大谷温泉の水は飲んだだけで新陳代謝が良くなるのがはっきりと実感できる。

水でガンが治る、なんてことは思っていないが身体に与える影響はかなり大きいと信じている。

有田川町の大谷温泉

そんな僕の母親も、子供に似て?水にはちょっとこだわりがあるのか、最近水素水の浄水器を買った。安売りで15万円くらいで買ったらしい。いい買い物をしたといって喜んでいた。

しかし、その時の息子の僕の素直な気持ちは、
「水素水のどこがいいのか、さっぱりわからない。」
「15万円もかける価値あるの?」
であった。

 

タイのビジネスセミナーで水素水のサーバーを販売しているNSIの西森社長にお会いしたので、率直に聞いてみた。

水素水がなぜ身体にいいのか、わかりません

と。

だったら、効果があることを見せてあげましょう
と西森社長はおっしゃるではありませんか!

 

それで、いろんな機材を持って西森社長はDACOにやって来た

社長が持ってきたのは、水素水を作るサーバーと毛細血管が見える顕微鏡だ。

水素水を飲んで血流がどうなるかを見てみようというわけだ。

顕微鏡を通してモニターに毛細血管を映し出す。

健康な毛細血管は、きれいで長く、
酒飲みやタバコ吸う人は、毛細血管が細切れで美しくない、らしい。

自分の毛細血管を見るのははじめてなのドキドキする。

毛細血管

加齢のせいか、酒の飲み過ぎのせいか、毛細血管はあまり短くあまり美しくない。

残念。

 

毛細血管をよく見ると血管の中を赤い点が動いている。
西森社長曰く、それが赤血球なのだそうだ。

 

結論から言うと、水素水を飲むと、赤血球の動きは速くなる。

 

普通の水を飲んでも赤血球の動きは変わらない。
水素水を飲むと赤血球の動きが目測で3倍くらいのスピードになる。

 

飲んだ後では明らかに赤血球の動くスピードが違う

その時の様子の一部がこちら(ノーカット・ノー編集なのでまとまりのない映像です)

 

西森社長に聞くと、身体にいいのは、水素水というよりは、水に溶けている水素なのだそう。

 

さて、その時に持ってきてもらった水素水のサーバーが9万バーツもするという。
さすがに9万バーツは出せないので、もっと手軽なものを紹介してもらった。

それが、こちら。

水素水製造器

enerboy02

お値段は、9000バーツ+VAT

まだ、ちょっと高いと思ったが購入した(経費では落ちないので自腹)。

 

決めてになったのは、「アトピーにも効くはず」という西森社長の後押しがあったからだ。
語尾の「はず」というのが引っかかるがそれは無視することにした。

 

妻の手がアトピーであれていて、皿洗いや果物を剥くのが大変なのだ。
アトピーは、特効薬がなく(ステイロイドは使いたくない)、できるだけ自然療法的に改善できる方法を探していたから、少しでも改善できる可能性があるものは試してみたいと思っていた。というのは、ウソではないが表面的な理由で、一番の理由は個人的に興味があったのだ。

 

まだ、実証していない(妻は日本に住んでいる)ので、効果の程は、まだわからないが、今度日本に戻ったら、水素水製造器を持って帰ろうと思っている。
何せ小さくて簡単に持ち運びできるのはうれしい。

製造器自体は小さい。後ろは13インチMacbook Air。左は、専用ケース。

ケースにいれるとこうなる。

 

今は、僕の机の上で毎日水素水を製造してくれている。
仕事場にだってもってきて、このとおり。

ネスレウォーターのボトルがぴったりはまる。

たまたま見つけたブログには、ペットボトルなんて隙間だらけで水素を密封できない、というご指摘もあったが、
この水素水製造器であれば、

できたての水素水がその場で飲める!

からまったく問題ない。

(※西森社長が言うには、水素は3時間ほどで抜けてしまうのだそうで、できるだけできたてを飲むのがおすすめだそうだ)

 

部屋を暗くするといい感じ。 青いヒカリがちょっときれい。このLEDの照明効果は、結構気に入っている。

 

水素水は、水を入れて、1回ボタンをポチと押す。3分間待つ。すると0.5ppm(※)の濃度の水素水ができる。
もう1回ポチ。それで1ppmの水素水。
3回のポチで1.5ppm近くの濃度まで行くらしいが、それ以上は無理なのだそうだ。
というかそのあたりを研究している教授いわく、1ppmあればOKらしい。
濃度も必要だが、飲む頻度の方がもっと大切とのこと。
(※西森社長のところで濃度測定を行っている結果より)

 

水素水を飲んで何か変わったか?といわれれば、正直わからない。

確かに、トイレは近くなった(もともと、僕は1日数回しかトイレにいかなったのが頻繁に行くようになった)けれど、
それが水素水の影響なのか、無意識に水を普段よりたくさん飲んでいるからなのか,定かではない。

 

大学で化学を専攻した僕としては、水素水効果ありと断言するにはもう少し検証データが欲しい。
けれども、毎日水素を作っては飲む生活を僕はとても気に入っている。

 

追伸:日本に帰ったら、大谷温泉の水に水素を溶かしてみようと思う。
大谷温泉の水は、「アトピー患者、最後の砦」と紹介してあるブログもあるくらいで
この水に水素水を溶かしたら、最強のアトピー対策になるのではないかと思っている。
そのレポートは、また後日。

 

 

 

この水素水製造器は、バンコクとシンガポールの下記会社で販売しています。

 

水素水についての問い合わせ:

タイ NSI (Thailand) Co., Ltd.

 お問い合わせはこちら 098-519-8894
※日本語対応(担当:西森)

 お問い合わせはこちら health@nsit.co.th
※メーラーが起動します 日本語対応

電話:02-973-3691-5
Fax:02-973-3697
住所:65/14 Soi Chaengwattana 1, Cheangwattana Road,Kwang Taladbankhen Khet Laksi, Bangkok 10210
メール:health@nsit.co.th


シンガポール Litetronics (S) Pte.,Ltd.

 お問い合わせはこちら nishimori@mti.biglobe.ne.jp
※メーラーが起動します 日本語対応

電話:+65-6842-7889(英語)
住所:1 Tannery Road #06-01 One Tannery Singapore 347719
メール : nishimori@mti.biglobe.ne.jp(担当:西森)