ビューティー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KRでPRP療法。 今の時代、毛根は蘇る?

DACO編集部 DACO編集部

 

IMG_5417

文&取材/
ミキオ・ピノッキオ
(在タイ27年。55歳男)

 

問い合わせ先: 081-8109-094 (日本語対応あり。予約時に「日本語対応希望」とお伝えください)
営業時間:月~土/11時~20時 日/10時~19時

 

発毛、育毛の実験はライフワーク

37歳ごろから生え際の剃り込み部分がじわじわと後退し、いつしか半島になり出島となり、ああついにいつか離れ島になるのかという不安を抱えていた私は、発毛に良いとされているものにアレコレ手を出してきた。それはあたかもライフワークのごとく「これは効きそうだ」とピンと来れば金がかからないものなら何でも片っ端から試した。そして自分なりに辿り着いた昨今の結果は、薄毛の進行を抑える「育毛」に効果的なものは数多あるが、「発毛」に効果的なものはない。と今後の希望を断った。

 

体内の血液と海水を入れ替える

今回の取材先、「KRケアールクリニック by akruが施術している「PRP療法」についてうっすらと知っていた。「自分の血の血清(血液から血球を除いた上澄み液)を自分の体内に埋め込む再生医療のひとつ」と理解していた。実際は血清ではなく、血液を遠心分離機にかけてできる血漿(けっしょう)を採取して頭皮に打ち込んで毛根の発毛機能に働きかけ発毛させるという再生医療である。今回、PRP療法の取材の打診を受け、改めてその概論を調べたところ、これは発毛の決定打になるかもしれないと思った。なぜか。それはフランス人医師ルネ・カントンのことを側聞していたからだ。

 

 

IMG_5421_R
よし、まず海水療法のことを聞いてみよう

 

ルネ・カントン医師は1907年から人間の生体機能を向上させるべく体内の血液を海水と入れ替える実験に成功。フランス国内で50万人以上の命を救ったそうだ。しかし当時の医学界はただの海水で難病が治ってしまっては医学の進歩にも金にもならないと完全に黙殺し、対処療法のパスツールを支持したという。  

当時の海水療法の海水は、どの海域からどうやって持ってきたものだろう。という疑問はあったが、「海水こそ命の源」という思いはDNAレベルで自分の体に刻み込まれてい、ますよね? みなさまも。

 

 

海水と血清の成分は限りなく近い

海水と血清の成分は限りなく近い。それで「PRPは決定打になるのでは」と感じたわけだ。私の頭の中では「PRP療法は自分の血液でルネ医師の海水療法を行うもの」と整頓され腑に落ちた。

ダコ編集部からは「薄毛の当人として真剣に書いて欲しい」というリクエストがあったが、発毛よりバンコクでPRP療法を発毛に活用している「KRケアールクリニック by akru」に純粋に興味を抱いた。本音を言えば血漿を頭皮でなく自分の血管に注入してもらい、小さなタイ文字が裸眼で明瞭に判読できるほど視力が再生するか試してみたい。

注)PRP療法=Platelet Rich Plasma (自己多血小板血漿)を注入して、身体の細胞機能を正常にする再生医療。

 

 

某日。シーロムにあるタニヤプラザ4階の「KRケアールクリニック by akru」を訪れる。私のタイ語は医学用語についてはてんでお手上げなので、以下はKR(しかし人を食った名前である)のドクターと看護師そして私との「効くのか効かないか生えるか生えないか」遠慮会釈ない丁々発止の現場レポートである。

 

IMG_5414_R
失望に打ちひしがれ帰るか、
前途に明るい希望が広がるか。
敵はいないか? ご同慶はいるのか? 
抜き足差し足で入店する

 

【登場人物】

 

:KRのドクター 

看A・B:看護師AとB

 

ここに海水はありません

「(前略)では早速。KRのPRP療法についてお聞きする前にぜひ伺いたい。18世紀初頭、フランス人医師が考案した、海水を体内の血液と入れ替える海水療法を知っていますか? 皇帝(?)デビッド・ロックフェラーの主治医も取り入れているらしいです」
「存じませんわ」
看A「デビッ、ロッフェ?」
看B「海水? ここには海水はありません」

 

IMG_5278_R
「存じませんわー」。
一人だけ椅子に腰掛けて
検事のように質問する偉そうな私。
そりゃ、海水療法なんぞ、知らんだろうなー


虚しく押し問答している間にマイクロスコープをクリクリっと頭皮に当てられる。モニターに映し出される自分の毛穴や毛髪。

 

「この辺は心配ありませんけど」

 

IMG_5230_R
毛穴から二、三本、
細いのもあるけど太いのも。

 

頭頂部近くは黒々と鋼のようなものが毛穴らしきものからニュウと二、三本生えている。

ちょっと話は脇道に逸れます。えーっと「モニターをご覧なさい。毛穴の周りが老廃物だらけでそれを除去しないから髪は生えないのよ。清潔を保ちましょう」と10年前に育毛業界でまことしやかに語られていた嘘は言われなかったのでまずはひと安心。

だいたい私はシャンプーするのは月に1、2回。頭皮の油脂をすっかり洗い落とせばその分の油脂を補うためにさらに油脂が出、それを取るためにまたシャンプーしてまた油脂が出る、という悪循環をわかっている。髪は毎日、湯で洗い流すだけでサラサラだ。経験上、毎日シャンプーをすると髪はギトギトになる。そして朝シャン。毎日朝シャンするのがどんなに髪と地肌に悪いか、ベトベトになるか、洗脳されている人はわからないだろうが、ま、とにかくモニターに映る私の頭皮は翡翠湖のように美しかった。

 

問い合わせ先: 081-8109-094 (日本語対応あり。予約時に「日本語対応希望」とお伝えください)
営業時間:月~土/11時~20時 日/10時~19時

 

産毛があるから絶対に生える


「でもこの辺は」

 

IMG_5241_R
ドクターの表情がマジになる。
もうこの瞬間、どのような施術をすればいつ頃、
どんな効果があるか確信しているような顔つき。


髪に守られていない地肌にマイクロスコープが直接触れて冷っこい。モニターに映るのは剛毛の陰で毛穴らしきところから弱々しく細く健気に生えている短い産毛。神妙なドクターと私。

 

IMG_5237_R
産毛ちゃんが。
田んぼの苗のような私の産毛。
ウブなままその生命を終えるのか……
救ってあげたい

 

 

「毛穴があるから産毛は生えます。が、見てください。この産毛が黒々と育たないうちに抜け落ちてしまうのですね。ないでしょ。この辺りには鋼のような毛が。抜けてしまうんですよ。弱まっている毛穴があるんですね。PRPを施せば毛根の機能が元通りになります。ま、9割方生えてきますよ」

「チンチン(タイ語で『本当!?』)ですか! えーでも100%じゃないのですか? 100%生える保証がないんじゃ『あなたは1割の人だったんですよ。ちゃんちゃん』で終わりです。100%って言って」


IMG_5242_R
この弱った毛穴に再生医療を施すことで
産毛が剛毛になる。理屈では。


無理なのはわかっている。世の中に100%効くものなんてない。

 

「食事や生活習慣にも左右されますからね。でも一般的に毛穴があるなら80%の方に効果があります。あなたの場合、毛穴はゼーゼーと弱っている程度ですから必ず生えますよ」


血を抜かれて頭皮に注射すると言っても少し不安だ。第一痛そうだ。たぶん何カ所にも注射するのだろう。そう尻込みする人もいるはずだ。注射の回し打ちなんかされた日には他人の血が自分の……いや、失礼。

 

「血液を採取しなくていいトリートメントも施術していますね。PRPとの効果の違いは? トリートメントは発毛にどの程度効果があるのでしょう?」

 

ある頭頂部の薄い方を例にモニターで説明を始めた。顔は分からない。31歳の日本人だそう。

 

看A「頭頂部の薄い31歳の男性はPRPではなく、トリートメントを毎週一回。計12回ここで受けました。トリートメントだけで効果のある方もいますが、この方に効果はありませんでした。トリートメント効果のあるなしはだいたい50%ぐらいでしょうか。その後、この方はPRP療法を選択されました。まだ一回だけですので効果のほどはわかりませんが」

 

 

KRのトリートメント施術:
毎週1回12回通う。料金は一括で2万B。必ず定期的に毎週通わなければならない。一回だけのお試しは3000Bだが、一回で効果を得ることはまずないそう。

 

「トリートメント施術で効果がなかった理由は?」

看A「毛根の機能が相当弱っていたと思われます。それでPRPを推奨しました」

「PRPではっきりとビフォー&アフターがわかる写真がありましたら見せてもらえませんか」

看A「ありません。マイクロスコープで頭皮を撮ったものだけです」

 

それだと本当かどうかわからない。プライバシー保護のため比較写真は撮っていないのだろうか?


IMG_5244_R
トリートメントで効果がなかった方の頭皮の状態を
モニターで見せてもらう。
この方は毛穴の正常な力が
弱まっていたということらしい。

 

「ここはいつ開設されたのですか?」

看B「2016年3月です」

「これまで何人ぐらいが利用しましたか?」

看A「120人ぐらいです」

「男女比は?」

看A「男性8割」

「こられた方のうち、PRPの施術を希望された方は?」

看A「6割。効果があった方はそのうちの8割です」

 

問い合わせ先: 081-8109-094 (日本語対応あり。予約時に「日本語対応希望」とお伝えください)
営業時間:月~土/11時~20時 日/10時~19時

 

PRPが効かない人は植毛


効果があったのは8割と。8割はかなりだ。PRPで効果のなかった2割の人というは、やはり毛穴が……。

 

「そうです。毛穴がなくなってしまった方です。そういう方には植毛を勧めています」

「自分の毛を毛根ごと薄い部分に植えるものですね」

看B「人工毛もあります。これは効果云々でなく、100%確実です。生えているこっちから生えていないあっちへ移すだけですから」

「植毛もここの施術室でやるのですか?」

看A「そうです。あちらにある殺菌された施術室でやります」

 

KRの植毛施術:

自毛を使っての植毛は1株80B(一株から毛が二、三本生えている)。頭皮の場合、最低500株くらいからで、生え際が寂しい私がやるのであれば1500本ほど植えればいいそうだ。するとかかる費用は12万Bか。施術時間8時間ほど。眉毛やもみあげも植毛できるそうだ。他に人工植毛もあり。

 

 

「先生が植毛を勧める場合とPRPを勧める場合の判断の境界線は?」

「毛根の具合ですね。分かりやすく言うと、植毛は毛穴がない部分に毛を生やすことだってできるのです。頬に生やそうと思えばできます。PRPは毛根のない部分には効きません。弱っている毛根に対してその毛根を元の状態に回復させてやるのです。あなたのように産毛が生えていればPRP療法適者ですね」

禁断の発毛への道がまた。モーゼが目の前に現れた。海水療法が、海が分かれた!

 

IMG_5258_R
PRPの効能について納得できるまで徹底的に聞く

 

IMG_5286_R
ひと株から1〜3本出ている
元気のいい電線のような
理想的な毛髪

 

IMG_5292_R
すでに取材モードを超えている。
間もなくミイラ取りがミイラになるかも知れない


 

IMG_5294_R
「PRP療法に最適な方」と先生が。
女神に見えた。
でもまだ少し疑っている私。腕組みしている。


 

PRPは一生に5回!

 

「PRPは何回通うのですか?」

 

「理想的なのは一カ月に1回。間をおいても構いません。1年以内に5回、受けさえすればいいのです」

「最短5カ月で終了ですか?」

看A「最短5カ月です」


IMG_5263_R
看護士が自分のことのように嬉しそうに
5回で効果が出ると断言。
身を乗り出す私

 

「おいくらですか?」

看A「一回のお試しは1万B。ですが、5回一括なら3万Bです」

「トリートメントはおいくらですか?」

看A「一回3000Bです。三カ月12回の一括払いですと2万Bになります」

「トリートメントで期待できる効果値が50%。PRPは80%。その差が金額で1万Bなら私なら迷いなくPRPを選択します。痛いかもしれないけど」

看B「PRPは2時間ぐらいかかりますから今日はトリートメントを試してみませんか? 特別に無料です」

「12回通わなければならない施術を一回やっただけで何らかの効果を得ることができますか?」

「いいえ。一回では何も」

「では結構です」

 

取材ということを忘れ、効果のないものは受け付けない熟練薄毛モード。今、PRPに興味を持っている読者のために取材対象と一帯化しつつある。PRPについて引き続きやり取り。

 

PRP施術は痛いか?

「PRPを試させてもらえませんか」

看A「取材されるのであれば今日は一回6000Bで試してみていいですよ?」

「それはビフォー&アフターのモデルになるのであれば、ということですよね(いやだなあ)。今日は残念ながら2時間も余裕がありません。しかしPRPは一回どのぐらい血液を抜くんですか?」

「ちょっとです」

「ちょっとって?」

「10cc」

(ヤクルトが65ccだから……)

「それを5ccずつ二本の容器に入れこの遠心分離機にかけます」

 

IMG_5315_R
このプラスチックの容器に5cc=5mlずつ分けて

 

IMG_5320_R
この遠心分離機にかけて血漿を取り出すのだ。

 

IMG_5327_R
自分の血液の入った容器をこの穴に入れて

 

IMG_5329_R
9000〜1万2000回転。そして血漿が分離されて


 

IMG_5343_R
1ml用の注射器に自分の血漿を入れる

 

「遠心分離機でどのぐらい回すのですか?」

「一秒間に5回。1分で300回転。30〜40分間回しますので9000回から1万2000回転させてあなたの血液を分離させます」

「で、その上澄み部分である血漿を注射針に入れて頭皮に打つ」

「その前に麻酔薬を頭皮に塗ります。男性は麻酔薬を塗っても注射を痛がる人が多いですね」

「麻酔が切れているのではないですか? 麻酔はどのぐらいの時間、効果がありますか?」

「40分。ですからあなたの血液を遠心分離機に入れてから麻酔を塗ります」

「遠心分離機で得られた血漿を一カ所にブスッ。チューっと刺すのですか?」

看A「いいえ額の生え際と頭頂部を含んだ部分を円陣で囲むように打ちます」

「図で描くとこんな感じですか?」

看A「そうですね」

「頭頂部だけが薄ければ、頭頂部だけを円で囲んだ方がいいと思いますが。同様に剃り込み部分だけを円で囲んだ方がいいのでは」

「そのうち生え際や額中央も薄くなるでしょうから薄くならない後頭部と側頭部を除いて満遍なく囲んだ方がいい。と、思いません?」

「思います。思いますが、年間5回通った後も何回か通うんでしょう」

「いいえ。5回っきりです。そりゃ、自然の老化現象で髪が薄くなってくるのはしょうがありません。PRPは5回で毛根細胞の正常な動きを取り戻す再生医療です」


 

年に5回通うだけ。それ以降は通わなくていい


「ええっ!!」

衝撃的だった。年に5回でいい。それも30,000B。トリートメントとの差は10,000B。まだ毛根があるなら一生で30,000Bの投資でトランプ大統領のような力強い人生を歩めるのである。これは本物ではなかろうか。

 

IMG_5385_R
5カ月後、生え際が力強くなるという。
「この部分が太くなるのですね」と確認する私


 

IMG_5394_R
 シャープペンが毛に見えてくる。
カメラマンが、剃り込み部分の
目立つ写真を撮るというのでポーズ

 

KRのPRP施術:

一回1万B。ただし5回コースで3万B。1年間で5回通えばいいそう(5回ぐらい施術すればはっきり生えるそうだ)。1回の施術時間は2時間。

 

 

「この遠心分離機にかけた私の血漿を是非私の血管に打ち込んでくれませんか」

「そんなことできません」

「責任は自分で持ちます。自分の抜いた血を抜いたところに戻すだけです」

看A「マイダーイ・カァ」

「そこをなんとカァ」

看B「それならグルタチオン点滴という美容法があります。KRでは扱っていませんが、試してみたらどうですか」

看A「そんなのあるの? 血液の成分を血管にまた打ち込むなんて、だったら始めから打ち込まなければいいじゃないの」

看B「詳しくは知らないけどあるらしいのよ」

 

話が脱線するのでグルタチオンについては割愛する。

30代からいろんな発毛方法を楽しんで実践してきた私は今、猛烈にPRPを体験してみたいと思っている。ここKRにいる「医は仁術ならぬ算術」に程遠いアッケラカンとした先生や看護師と再生医療を発毛に活用した最先端の医療を自分の生え際に試してみたい。もし生えたら……薄毛の人に福音の鐘を鳴らすのかPRP再生医療!

 

IMG_5401_R
二人の看護士と。
でも読者は私が本当に生えるか知りたいと思う。
そのためには3万Bが要る。


 

IMG_5435_R
 PRP再生療法で
力強い正常な毛根から力強い毛髪が、生えるか!

 

本当に試したら続く?

【お問い合わせ】

KR ケアールクリニック By akru

Tel: 081-8109-094 (日本語対応あり。予約時に「日本語対応希望」とお伝えください)
住所:BTSサラデーン駅 タニヤプラザ4階
営業時間:月~土/11時~20時 日/10時~19時
年中無休(年末年始、ソンクラーン以外)

 

 

(提供:KRケアールクリニック by akru





  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事を書いた人他のメンバーを見る>>

DACO編集部

タイ・バンコク発のフリーペーパー。旅行者から在住者まで楽しめるトラベル・グルメ・エンタメ情報等を毎日お届けしています。

DACO編集部

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Can't read the image? click here to refresh