厨房探訪

行列のできるシャコ麺 「ガン・バーン・ペー」

ガン・バーン・ペー1

バミー・トムヤム・タレー

 

ソイ・ルアムルディにあるこのお店は、もともとサメット島へ渡る船着場、バーン・ペーにある同名の海鮮食堂が本店。SNSで人気になり、今年7月にバンコク店をオープンした。ラヨーンでとれた新鮮なシャコをリーズナブルに味わえるタイ料理レストランだ。

 

ガン・バーン・ペー2

魚籠や浮き輪、ガラスの浮き球など港町をイメージした店内

 

カジュアルに食べられる麺料理や一品料理が中心で、おすすめ料理には必ずシャコが載っている。一般的なシーフード店が出すシャコより小ぶりだが、小さい方が身が引き締まっていておいしいのだとか。

 

それでは、料理の紹介を。この店の看板メニューは「バミー・トムヤム・タレー」。シャコを中心にイカ、エビ、カニ肉、魚肉など海鮮が満載の一品だ。バミーはラヨーンの工場に特注した平打ちの中華麺で、スープによく絡む上、春雨や米麺と比べて食べ応えがある。日本人にとっては少し辛いトムヤムスープだが、シャコや海鮮の甘みが辛さをうまく緩和させている

 

ガン・バーン・ペー3

シャコのせパッタイ

 

一押しは「シャコのせパッタイ」だ。タイ料理が苦手な人でも食べられるまろやかな味付けで、辛みがないからか、シャコ本来の甘みを一層感じさせる。シャコは殻がむいてあるのでそのまま食べられる。食べやすくておいしい、文句なしの一品だ。

 

海鮮料理のほかにバンコクでは珍しい東部タイ料理もあるほか、店内は港町をイメージして浮き輪や錨が飾られておしゃれなカフェのよう。お昼時の12時前には外まで行列ができるほどの人気なので、食べに行く際は予約がおすすめだ。

 

ガン・バーン・ペー ルアムルディ店

時間:10時~22時 無休
場所:20-20/1 Soi Ruamrudee, Ploenchit Rd.
電話:0-2019-0588
Web:「タイ語の店名」で検索
料金:バミー・トムヤム・タレー225B、シャコのせパッタイ220B、豚肉のエビ味噌炒め145B、シャコ入り揚げ春巻き125B